「ほっ」と。キャンペーン

写真は白洲次郎氏


by dskblog
カレンダー

<   2007年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

スパーク!

今日は、私の描く世界観をお偉いさんにプレゼン。直前にエグゼクティブサマリーを入れろと言われて、あわてて加えました。あんまりLogicalじゃなかったけど、前向きな雰囲気で良かった、良かった。単なる想いだけで終わらず、世界観を形にするのは、ホント、大変です。


そして、その後はわが母校・早稲田大学で学生向け講演会のパネルディスカッションに出席。

ゼミの後輩とやっているサブゼミで主催し、最近、上場した英会話学校COOのSさんをお招きし、講演会と僕とのパネルディスカッションを行った。

学生向けと言いながら、僕が聞いてもすごく学びが多いお話をお伺いできた。パネルディスカッションでは、休憩時間に集めた質問事項の約100枚を、必死に頭でパターン分けして、少しでも多くの質問にSさんに答えてもらえるよう奮闘。しっかりと笑いを取れて、良かったと思います。

それ以上に楽しいのは、一緒に汗をかいてくれたサブゼミに、講演に参加してくれたアナ研、そして応援(?)に来てくれた会社後輩を誘っての打ち上げ。僕の大事な仲間達が混ざって、また新たな活性化した雰囲気が生まれるのを見るのは、何かワクワクした感覚になる。

今後は、今回の講演を受けて、議事録を作成し、DVDにまとめて、しっかりと保存できる体制を作る。さらに、何とかサブゼミ内に100名程度の講演会を行うノウハウを溜め込めたと想うので、もう一回ぐらい今のメンバーでやって、母校への貢献をしたいと思います。

次は誰を呼ぶかな?!
[PR]
by dskblog | 2007-01-30 15:28 | 教育

インドの衝撃

NHKスペシャル『インドの衝撃』がおもしろかった。この前はGoogle特集やってたし、興味深いドキュメンタリーが多い。プラネットアースももうすぐ完結だ。


シリーズ1回目の『インドの衝撃 わき上がる頭脳パワー』、ミルトン・フリードマンの世界的な名著『フラット化する世界』がコンセプト・ベースにある気がするのだが(インタビューにも出ていた)、話には聞いていたインドの取る頭脳立国戦略を実際の映像で見て、非常に驚いた!!


IIT(インド工科大学)と言う競争率60倍(定員5千人に30万人が受験、ちなみに学費は年間7.6万円)の大学があって、そこのOBが世界中で活躍しており、また世界の企業から引く手あまたな状態にあり、そして若者が必死にIITを目指すと言うストーリーだった。

Summarizeすると、
・国家レベルの戦略として頭脳立国を表明している
・様々な場所で活躍している卒業生が、IITでの教育の成果を主張
・IITでは、下界と隔離され、1日16時間も勉強に集中
・IITの授業は、答えを教えるのではなく、プロセスを長時間考えさせる内容
・そのIITなどTOP校を目指し、ふきざらしの大教室の予備校で千人の学生が猛勉強

と言うことで、いや、こんな連中と勝負して、日本人は勝てるのかよ・・・(米国ではインドに仕事を奪われ始めている)とショックを受け、大学がキャリア形成を大きく変える力を持つことに驚き、また貧乏を抜け出すため電気もガスも無い村から猛勉強している若者に感心した。


負けられん。

2月11日に再放送があるらしいです;
http://www.nhk.or.jp/special/rerun/index.html
[PR]
by dskblog | 2007-01-28 23:33 | ビジネス

HOME PARTY

昨日は部署の後輩3名が我が家に遊びに来てくれた。ホームパーティーはかなり久々。

前日3時までかけて大掃除をがんばり、ええ、これまでいかにサボっていたかです。さらにビーフストロガノフとバターライスを頑張って作っておいた。

そうSTAUBとIH鍋炊飯器の出番である。

僕の男の道具自慢にお付き合いしてもらった上に、ストロガノフも非常に美味しいとお褒め頂けた。また自宅だからこそ気兼ねなくまったりと色々と語り合った。楽しかった。やっぱ、家呑みは良いね。


また勉強会を兼ねて定期的に集まろうと言うことになった。
それに向けて、さらに色々と男の道具(?)を揃えて行こうじゃないの!

家を、セミナーハウスにしてみるかな・・・。
[PR]
by dskblog | 2007-01-26 02:02 | 仲間
三が日と三連休のポケットの2日は、まだ新年のための下準備って感じだったけど、ついに明日から世の中も本格始動って感じかな。

気合を入れるべくヘアカットに。

そして、夜は購入した鍋STAUBとIH圧力炊飯器にて、カレーを作った。

炊飯器の米もしっかりと(圧力のせいかすごい音がする)炊け、それなりに美味しかったが、まだ細かい設定や使う水(今回は浄水ポットBRITAの水を使った)、水加減など研究の余地がある。

玄米も食べたいので、さらに色々と試す必要がある。


すごいのはSTAUBだ。ほぼ密封された中で、食材がこれでもかと言うぐらい容赦なく徹底的に煮込まれて行く。鍋のボリュームもあって、弱火だととても静かなのだが、ちょっと蓋を開けて覗いてみると、全域がグツグツと沸き立っている。

そして食べてみたが、カレーってこんな味なのかってぐらいに美味しかった。もちろん、お高いルーや半額セールでGETしたお高い牛肉を使ったのもあるだろうが、やはり道具は大きい。

今後、料理がますます楽しみだ。


ただし、正月から2,3Kgも太ってしまった・・・。昨年、会う人々から痩せたねと言われ続けたので、丸くなった顔はOKなのだが、そろそろ他の部分を絞って行かなくてはいけない。

料理に燃える分、運動もがんばらねば!
[PR]
by dskblog | 2007-01-08 22:46 | グルメ・旅

STAUB

今月の11日に会社の後輩らが僕の家に遊びに来てくれる予定なんです。

はっきり言えば、これが無ければ大掃除も頑張らなかったはずなんで、良いプレッシャーになってますよ。

で、当日に向けて、まずは手料理を何かふるってやろうと思いまして、さらにどうせならちょっとでも美味しい物をと思い、けっこうお高い炊飯器(IH圧力で定価5万ぐらい)とSTAUBと言う高級鍋(鍋のくせに1.5万円・・・)を買いました。ええ、年が明けたんで全部、夏のボーナス一括ですよ・・・。


鍋は、実家で使っていたのと、今、自宅で使っている安いやつとで、全然、味が変わっていて、鍋の味への影響力ってでかいんだなと思っていたんですが、友人なんかも「やっぱ、ルクルーゼは良いよ。料理好きなら、一つは持っておくべき」とか言ってたんで、特にルクルーズなどのゴツいシチューパンが欲しかったんです。

ただ、道具にこだわる三十路として、大衆迎合的にルクルーゼに飛びつくのも悩み物でした。そして出会ったのが、このSTAUB


f0053263_18375615.jpg



渋い!まさに男の料理って感じでしょっ?!しかも、フランスの三ツ星レストランでも御用達のプロの一品(かのロブション仕様もあります)と、趣味人心をくすぐってきます。

でも、たぶんネームバリューの差なんでしょうが、同じサイズでもルクルーゼよりは20%ぐらい値段が安い。


今から到着が待ち遠しく、そして、何か作りたくて仕方有りません。これまでの鍋には本当に満足してなかったんで。



よく、それから家で聞く音楽がまったく違うものになるから、音響には凝った方が良いよと僕は友達に勧めるんですが、鍋とか炊飯器などの調理道具も一緒ですね。それから家で食べるご飯の味が変わるわけですから。


しかも、音楽も料理も独り占めするもんじゃなくて、大切な仲間たちに楽しんでもらえる。

こういうShareできる物にお金をかけるのが、賢いお金の使い方だって気がします。

蛇足ながら、そういう意味では、最終的にはあらゆる僕の想い、理想を体現した別荘を作って、仲間に使ってもらうってのが僕の将来的な夢の一つです。


あ、そう言えば、後輩に「DSKさんの家に行く楽しみの一つは、本棚が見れること」と言われ、押入れに突っ込んでいるだけなんで、あわてて本棚を注文しました。


何か11日を境に家が、そして生活が変わりそうです。。。
[PR]
by dskblog | 2007-01-04 18:47 | 仲間

慎んで2007年

あけましておめでとうございます。

実家に帰って、お雑煮⇒温泉⇒呑みと言うスパイラルで2Kgぐらい太りました。

いい休養になったと思います。

3日の今日は、HDKさんと東郷神社に初詣。かの東郷平八郎が祭られている神社です。

おみくじをひくと、「小吉」。。。

慎まない態度は罪だとか、慎まずにやると願いは叶わないとか、とにかく「慎め」とおみくじに説教されました。

今年は強気に吼えまくって年始からグイグイと行こうかと思っておりましたが、ちょっとその気持ちを抑え、慎んだ気持ちで一歩ずつ進んでみようかと思っています。

そんなわけで、今年も宜しくお願いいたします。

あ、年賀状の返事はこれから書きます。
[PR]
by dskblog | 2007-01-04 01:50 | 想い