写真は白洲次郎氏


by dskblog
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:グルメ・旅( 5 )

昨夜は同期Jと、久々にカラオケでスパークし、ラーメンを食べて徒歩圏内をタクシーで帰ると言う、堕落した夜を過ごしてしまった。

今日は、気づけば春分の日、春ですよ!

で、友人宅のホームパーティーにお誘いを受けていたので、春だし思い切って自転車で30分ぐらいかけてお宅まで遊びに行ったのでした。

しかし、このお宅がすごい!!「ホーム」パーティーと表現してますが、結婚式の2次会ぐらい余裕で開けるような洋館の豪邸です。わかりやすく言えば、ジョージアンクラブそのものだと思ってください(建築士も同じらしい)。

で、ここで、色々と料理の準備をするわけですが、感動するのは、キッチンが僕の部屋と同じ大きさぐらいで、GEの冷蔵庫や、業務用のコンロが並び、またシンクも2箇所と、完全のプロ仕様。

小生も、ここで、セミプロの先生がたのご指導のもと、ベーグルパン作りや、ミラノ風カツレツなどのお料理を手伝わせて頂きました。こんなプロ仕様の環境で料理に携われるだけで嬉しくて、頑張ってしまいました。

ベーグルの生地をコネたり、カツを作ったり、ケーパーを刻んだり、トマトをカットするなど、これまで家で独学で一人磨いてきた料理の腕を存分に発揮し、少しはお役に立てたようで良かったです。手際が良いとお褒め頂き、しかも生まれて初めて「A型ですか?」と言われましたよ。料理やってて、良かった!

単純な僕は、これだけで料理への情熱がさらに湧き上がって行きます。やっぱり、料理教室、行くしかありません!!

それにしても、ベーグルに感動。あんな簡単に作れて、そこらで売っているのより手作りが断然、美味しい!

f0053263_2425461.jpg
f0053263_2431543.jpg




また、食事中は、肌がきれいだと褒められ、健康オタク冥利につきる感じでした。やはり、
①生野菜ジュースwithアサイー
②オールブラン&豆乳
③玄米with五穀
④コントレックス1.5ℓ
⑤半身欲
⑥エスティーローダーLABシリーズ(洗顔フォーム×2種類、化粧水、乳液)
⑦サプリメント(コエンザイムQ10、ビタミンB1,6,12、パンラクミン錠、マルチミネラル)

が効いているんでしょう。

さらに、本日、ご招待頂いた友人(♂)よりナショナルのフェイス・スチーマー「イオンスチーマー ナノケア プラチナ」がかなり良いと勧められ、帰宅早々にネットで買ってしまったのであります。

ここまでやっているんだから、後は、もう二度と煙草とか吸うなって感じですよね。最近、ちょっとサボり気味のジム通いも頑張らねば。


で、明日は、男芸者の日であることを思い出し、何のネタくりもしていないことに、さっき気づいたのであります。
[PR]
by dskblog | 2007-03-22 01:57 | グルメ・旅

調合

そう言えば、野菜ジュース。

今朝、ついに、最高の味を生み出す調合に成功したので、御報告申し上げたい。


・小松菜
・ほうれん草 
・にんじん
・セロリ
・リンゴ
冷凍アサイー 
である。

グレイシー一族も飲んでいると言われるアマゾンからやってきたアサイーが、イッキに味に深みを出してくれた。

原価だけで、この一杯に700円ぐらいかかる。しかし、この新鮮で野菜とフルーツの甘みの大自然の味は、最高だった。


最大の悩みはジューサー(松下の最新の最上級モデル)を洗うと、すぐシンクが野菜粕で目詰まりを起こしてしまうことである。いや、そもそもとても洗いにくい。

メーカーは、ホントのホントに消費者の声に耳を傾けているんだろうか? だいたい、商品開発者は、自分で開発した製品でジュースを作ったことがあるんだろうかと思ってしまう。

コストのかかるフォーカスグループインタビューやアンケート調査なんてしなくても、僕に聞いてくれれば、このジューサーの改善点をすべてリストアップして差し上げるのだが。




個人的に、これから日本では、ジューサー市場は新たに広がって行くと思っている。昨今の健康ブームと、日本に先行するUSなどのトレンドを見れば、何となく想像できる。

しかしながら、日本メーカー各社は松下を除いて、とても気合を入れて作っているとは思えない。気合を入れている松下でもかなり不十分である。

こうなれば、掃除機のダイソンのような黒船の本格的な登場を待つのみだ(実際は、パワージューサーなど洋物がTVショッピングなどで売られ、売り切れ状態)。

趣味の電化製品購入前にはいつもリサーチを行うが、ジューサーについては、かなり調べてしまって、けっこう詳しいのです。
[PR]
by dskblog | 2007-03-08 19:43 | グルメ・旅

野菜ジュース

だいたい毎晩、飲むようにしている家で作る野菜ジュース。先日は、ピーマン、白菜、セロリ、キャベツ、小松菜、ほうれん草、ニンジンにリンゴと言ういつもの組み合わせに、大根も入れてみた。ピリっとかなり辛くてつらかったです・・・。

また、最近はあえて皮もむかずに、しっかり水洗いしてから、ジューサーにそのまま放り込んでいます。何でも野菜は皮と中身の間に栄養があるらしいので。

そのおかげか、お肌のコンディションが良いことに加えて(洗顔フォームのパワーかもしれないが)、髪質も変わってきた感じです。ただ、他にもオールブラン+豆乳、玄米+五穀、オートミール、コントレックスなどなど、取り入れているので、どれが効いているかは不明。土曜日には、ついにアサイジュースが届く。

ところで、スーパーによってぜんぜん、野菜や果実の質が違うことがわかってきた。前に買った大型スーパーより、近所の小さなスーパーの方が、野菜などがすごく立派。値段もややお高い。

特に、昨日、こっちの小さいスーパーで買ったリンゴに切り替えたところ、イッキに甘みが増して飲みやすくなった。

ここまで味が違うと、やはり、どっか安心できる農家をネットなどで探し出して、産地直送をやりたくなってきた。

ちなみにケールってどこで手に入るんでしょうか?
[PR]
by dskblog | 2007-03-02 09:41 | グルメ・旅
三が日と三連休のポケットの2日は、まだ新年のための下準備って感じだったけど、ついに明日から世の中も本格始動って感じかな。

気合を入れるべくヘアカットに。

そして、夜は購入した鍋STAUBとIH圧力炊飯器にて、カレーを作った。

炊飯器の米もしっかりと(圧力のせいかすごい音がする)炊け、それなりに美味しかったが、まだ細かい設定や使う水(今回は浄水ポットBRITAの水を使った)、水加減など研究の余地がある。

玄米も食べたいので、さらに色々と試す必要がある。


すごいのはSTAUBだ。ほぼ密封された中で、食材がこれでもかと言うぐらい容赦なく徹底的に煮込まれて行く。鍋のボリュームもあって、弱火だととても静かなのだが、ちょっと蓋を開けて覗いてみると、全域がグツグツと沸き立っている。

そして食べてみたが、カレーってこんな味なのかってぐらいに美味しかった。もちろん、お高いルーや半額セールでGETしたお高い牛肉を使ったのもあるだろうが、やはり道具は大きい。

今後、料理がますます楽しみだ。


ただし、正月から2,3Kgも太ってしまった・・・。昨年、会う人々から痩せたねと言われ続けたので、丸くなった顔はOKなのだが、そろそろ他の部分を絞って行かなくてはいけない。

料理に燃える分、運動もがんばらねば!
[PR]
by dskblog | 2007-01-08 22:46 | グルメ・旅

白ワイン

W杯取材に行っていた赤坂ディレクターHDKさんが、帰国後、お土産にドイツで飲んですっごく美味しかったと言う白ワインをくれました(わざわざ輸入して頂いたそうで)。


すぐにも飲みたかったんですが、いろいろあったり、またせっかく飲むならBESTの状態でと言うことで、ついつい今日まで飲むことができませんでした。



今日がXデーだと気合を入れて、仕事を早々に切り上げ、まず目黒のアトレの中の高級スーパー・ガーデンに行く。

かなり甘い白ワインと聞いていたので、からすみのパスタなんぞマッチすると思いつつ、からすみってどこで売っているのかよくわかってなかった。

からすみは高級っぽいので、きっと高級スーパー・ガーデンならからすみが置いてあるだろうと期待して思ったら、なし!

もう、からすみは諦めて、適当にトマトソースとペンネでアッラ・ラビアータのパスタでも作るかと思ったが、このような妥協をHDKさんが知ったら討たれると思い、渋谷まで山手線で出直す!

駅地下の東急をさまようと、「からすみ 風味」と言うものが600円で売られている。からすみってネットで2000円はしていたのだが、「これは安くて良い!」と思ってよく読むと、本来のからすみはボラの卵巣らしいんだが、このからすみ 風味はサメとか別の魚を使って似た味を出しているダミーだそう。ダミーでも同じ味なら良いかとも思ったが、このような妥協をHDKさんが知ったら討たれると思い、本物のからすみを探す。

するとあったのだが、最高級と書かれて木の箱に入ったその物体のお値段は、ナント6000円。おいおい、Probably、ワインより高いよ・・・。しかし、からすみ風味じゃ、HDKさんに討たれるだろうし、でもからすみ6000円って、それなりのイタリアン・レストランでランチコース食べれるじゃん。。。

何とか他にからすみが無いかさまよったところ、バッチリ2000円台の物を発見!!

気をよくして、スモークサーモン、チーズ、生ハムなど、結構、お高いものを買ってしまう。

せっかくだからと、夏らしいブルーの花のブーケも買う。


そして、帰宅してからせっせと料理。ちなみに、食材でからすみなんて使ったのは初めて。からすみって、こんなんなんだ(そもそも、いったい、何かもよくわかったなかった)と、調理しながら観察してしまった。


本日、2種類作る予定で、まずは、からすみとホワイトソースと大葉のパスタ。

実はホワイトソースとからすみって意外なことに合うのですね。しかも、大葉がすごく良いアクセントになっている。

料理っておもしろいですなぁ。

白ワインも聞いていた通り、ジュースのようにフルーティで美味しい。前にも書きましたが、僕は、過去の人生において、白ワインを飲みすぎて(後、歌広のウィスキーシングル)、何度も反省して来ているので、白ワインには苦手意識があるのですが、このワインはそんな僕の心のうずきを清涼な風となって駆け抜けていく、良いワインでした。



続いては、ペペロンチーノと同じようにガーリックオイルを作って、そこにバターを溶かしてパスタをからめてから、おろしたからすみをまぶし、最後に水菜を加える。

これまたピリっとした辛さとバターのマイルドな味にからすみが非常にマッチする。ワインには、こっちが合うかもしれない。

食材同士が調和して新しい見事な味が出来上がり、またそれと”マリアージュ”して広がりを与えてくれるワイン。

まったくもって奥深い世界であります。


外食ばかりの今日この頃ですが、やっぱり自宅で料理をもっとしたいなと思った。


次は冷やし中華をタレから作ってみたい(昨年、お酢に黒酢を使って大失敗した)。

ちゃんと、かの飯尾醸造から、最高品質の酢をGETしてあるのですよ、フフフ。。。
[PR]
by dskblog | 2006-08-11 02:02 | グルメ・旅